一般社団法人 日本塗料工業会 Japan Paint Manufacturers Association
製品安全情報−スプレー塗料を捨てる時の適正処理方法

スプレー缶は中身を使い切ってから捨てましょう!!

スプレー塗料を捨てる時の適正処理方法

通常、使用済みのスプレー缶塗料には、噴射ガスや塗料が残留しており、ごみ処理時に破裂や火災などの原因となる恐れがあります。
残留した噴射ガスや塗料を確実・安全に排出するための装置が、「中身排出機構」です。
適正な廃棄方法のパンフレットをご用意しましたのでご利用下さい。

パンフレットイメージ

大きいサイズはPDFファイルでご用意しております。
パソコンに保存してご利用下さい。

PDFファイル[aero-dispose.pdf/1,057KB ]

パンフレット作製:
エアゾール製品処理対策協議会・中央適正処理困難指定廃棄物対策協議会

 



Copyright Japan Paint Manufacturers Association お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて サイトご利用上の注意