一般社団法人 日本塗料工業会 Japan Paint Manufacturers Association
コーティング・ケアとRC実施各社の基本方針と組織について
 

コーティング・ケアの基本方針
日塗工(H11/11ガイドブックより)

日本ペイントRC
(環境報告書2000より)

関西ペイントRC
(環境報告書2000より)





  1. 環境・安全・健康に関して定められた法律・政令・規則などを遵守する。
  2. 製品の開発から廃棄に至るすべての段階で環境・安全・健康に関して責任をもつて配慮し、その観点から事業の活動を評価し、その目標と施策を明確にし従業員の周知・徹底を図る。
  3. 環境保護ならびに従業員と地域住民の安全・健康を確保なされるように操業を安全に管理する。 また、製品の輸送・貯蔵・使用・廃棄における環境・安全・健康に配慮する。
  4. 顧客における製品の使用にともなう環境への負荷の低減と廃棄物の再使用、資源化、リサイクルについても合理的な対策を開発し推進する。
  5. 新技術・新製品の開発・製造工程等の計画においても、環境・安全・健康に配慮し、地球環境への負荷のより少ない、より安全な製品と技術の開発につとめる。
  6. 製品について市場での環境・安全・健康への影響に関する調査・研究の推進に努める。 製品の安全な使用と取り扱いに関して顧客に助言、情報の提供を行なう。
  7. 製品や操業に関する行政当局や市民の関心に注意を払い、正しい理解を得られるように、コミュニケーションにつとめる

社業を通じ、環境美化環境保全に対し積極的に貢献する。

社内全組織が連携し環境問題に取り組む。

  1. 全ての事業活動において、地球環境の保全と生態系の保護、エネルギー・資源の節約
  2. 環境に負荷のすくない商品の開発―廃棄に至る全ての段階での環境・安全・健康に配慮
  3. 環境負荷の減少と地域住民、社員安全と健康の確保
  1. 人間および環境への影響を十分に配慮した製品を供給する。
  2. 人間および環境への影響を予測し、事前に対策をたて実行する。
  3. 社員全員が安全および環境問題について上認識を持ち、協力して取り組む。





  1. レスポンシブル・ケア活動の狙いは次ぎのとおりとする。
    ◆国際的行動を踏まえたレスポンシブル・ケア管理システムの確立。
    ◆化学物質の総合安全管理によるリスク低減。
    ◆事業活動の環境・安全の確保。
    ◆国際活動及び化学品取引の環境・安全の確保
    ◆社会からの信頼向上。
  2. JRCCに加入して、協調・協力をしながら、毎年,計画・実施・報告・見直しの管理サイクルを回す。
  3. 国内外関係法令及び当社が同意した要求事項を遵守するとともに、国内外の同行を配慮し自己決定、自己責任の原則に基づき、科学的事実及び科学的方法論による化学物質の総合安全管理を継続的に改善実行する。
  4. 基本方針及び活動方針は文書化し、全従業員に周知させるとともに、公開する。
  1. 境負荷の軽減しつつ、資源をより良く保護する新技術・新製品の開発。
  2. 境境負荷軽減製品の普及
  3. 造工程において産業廃棄物の削減、省エネの推進
  4. 製品使用上おける環境・安全・健康問題の発生の防止
  5. 顧客・原料メーカー・グループ各社・行政・地域住民とのコミュニケーション




世界共通のロゴマークを使用し、国際塗料印刷インキ協議会(IPPIC)と連携を取り推進します。 



(カラー案10GY6/6)

当社は日化協、JRCCに加入し、レスポンシブル・ケア実施宣言。行動指針したがって地球環境保全の実をあげるために、全従業員が協力してレスポンシブル・ケアを推進する。




Copyright Japan Paint Manufacturers Association お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて サイトご利用上の注意