震災対策の実例集

(一社)日本塗料工業会安全環境委員会では東日本大震災を契機に、安全基準検討WGを設置して会員企業の被災状況の実態を調査し、あるべき地震防災対策について討議・検討を重ね、その検討結果をもとに、平成24年3月に「東日本大震災から学ぶ地震防災マニュアル」を発行しました。
しかし、このマニュアル発行から既に6年が経過し、その間に熊本地震、鳥取県中部地震などがおこりました。そのため、このマニュアルを見直した結果、マニュアル自体を改訂するよりも、日塗工会員各社が実際に実施している対策事例を広く紹介し、今後の震災等のリスク低減策を検討・実施する際に参考にしていただけるのではとの結論に至り、本実例集を日塗工のホームページで公開することといたしました。
巨大地震の発生は防ぐことは出来ませんが、十分に練られた地震対策によって、人的、物的被害を最小限に抑え、事業継続という社会的使命を果たすことは可能です。
皆様が「東日本大震災から学ぶ地震防災マニュアル」とともに、この事例集を地震対策の討議・検討の際のよき指針として活用して下さることを切に願います。

(一社)日本塗料工業会
安全環境委員会安全基準検討WG

A4版・本文12ページ
発行: 平成29年10月
PDF版無償提供
PDFsinsai-taisaku.pdf

目次

はじめに
1.容器の落下防止
2.設備・建物の補強
3.転倒・落下防止
4.漏えい物を堰き止めるための対策
5.常備しておきたい防災用品、設備
6.避難の備え
◆◆◆お申込は◆◆◆
書籍名、部数、御社名、ご住所、電話番号、ご担当者名を明記の上、
FAX:03-3443-3599又は mailでお申込ください。
書籍に請求書(料金+送料)を付けてお送りいたします。