化学物質管理に関する講習についてのアンケート

2022年5月31日に労働安全衛生法関連の政省令が大きく改正されました。

この改正により、労働安全衛生規則の第12条の5第1項では、リスクアセスメント対象物を製造もしくは取り扱う事業場において、化学物質管理者を選任する義務が新たに定められました。
また、同規則第12条の5第3項第2号イでは、塗料製造業のようなリスクアセスメント対象物を製造している事業場においては、厚生労働大臣の定める化学物質管理に関する講習を修了した者又はこれと同等以上の能力を有すると認められる者から化学物質管理者を選任しなければならない、となりました(令和6年4月1日施行)。

この厚生労働大臣の定める化学物質管理に関する講習については、現在のところ、開講数が少なく、すぐに定員に達するために、希望してもなかなか受講できないという状況にあります。
厚生労働省で作成している講習のテキストが公表されれば、講習会を実施する団体・機関は増えると予想されますが、各企業では、必要としている数の人間に対して令和6年3月末までに講習を受講させることができるか、という懸念をお持ちであり、一部会員企業からは、日塗工主催で化学物質管理に関する講習を実施してほしい、という要望が寄せられております。

日塗工で主催するとして、日塗工の正会員全てでどれくらいの数の受講希望者がいるか把握すること等が必要なため、アンケートを実施することとなりました。アンケートは下記のURLにございます。

皆様におかれましては、お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、下記アンケートにご回答いただきます様、宜しくお願い申し上げます。

・締め切り:2022年12月27日(火)
アンケートはこちら
このアンケートはGoogle Formを使用しています。
・リンク先アンケートがご利用になれない場合
件名を「講習についてのアンケート」とし、お手数ですが、下記内容をメールにてご送信下さい。
宛先:
***ご回答項目***
会社名:
回答者所属部門と役職:
お名前:
***
Q1.貴社において、化学物質管理に関する講習の受講が必要な人数:
***
Q2・貴社における、令和6年4月1日施行の安衛則に則った化学物質管理者講習の受講済み人数(12月16日現在):
***
Q3.日塗工主催の化学物質管理者講習が開講された場合、貴社で必要な人員を受講させますか。
***
Q4.日塗工主催の化学物質管理者講習について、どれくらいの価格であれば、受講を考えますか。
(各種団体、企業が化学物質管理者講習を開講すると思われます。そのため、あまりにも市場価格から外れた安価な講習費用は設定できませんので、ご理解下さい。現在開講している中災防の講習費用は、一般価格で69,300円です)
a)1~2万円
b)2~3万円
c)3~4万円
d)5万円以上
***
自由記入(ご要望などありましたら、記入してください)

本アンケートについてのご質問につきましては、メールにてお問い合わせ下さい。
日塗工お問い合わせ窓口: