一般社団法人 日本塗料工業会 Japan Paint Manufacturers Association


〜 改訂版 〜

色を組み合わせて使う場合、このセットの中から選択すれば、
どのような色覚の人も比較的見分けやすい配色になります。


分類 一般色名
(和文用)
色票番号 マンセル値 
(参考)
変更 備考
アクセントカラー
(小面積用)
ピンク J02-70T 2.5R7/10   青と紫、
黄色とベースカラーの明るい黄緑は
比較的混同しやすいので、
なるべく片方のみ使用する。
J08-50V 8.75R5/12  
茶色 J09-30H 10R3/4 **
オレンジ J15-65X 5YR6.5/14  
黄色 J27-85V 7.5Y8.5/12  
J46-60T 6.25G6/10 **
空色 J69-70P 10B7/8  
J72-40T 2.5PB4/10 *
J89-40T 10P4/10  
上記では
鮮やか過ぎる
場合の代替色
代替黄 J27-90P 7.5Y9/8   代替黄とベースカラーのクリーム、
代替緑と明るい緑は
比較的混同しやすいので、
なるべく片方のみ使用する。
代替緑 J45-60L 5G6/6  
ベースカラー
(大面積用)
明るいピンク J02-80L 2.5R8/6 * ベージュと明るい黄緑、
明るい空色と明るい紫は
比較的混同しやすいので、
なるべく片方のみ使用する。
ベージュ J19-75L 10YR7.5/6  
クリーム J25-90H 5Y9/4  
明るい黄緑 J32-80P 2.5GY8/8  
明るい緑 J42-70H 2.5G7/4  
明るい空色 J69-80H 10B8/4  
明るい紫 J82-70H 2.5P7/4  
無彩色 JN-93 N9.3    
明るいグレー J75-80B 5PB8/1  
グレー J75-50C 5PB5/1.5 **
JN-15 N1.5  
  • 「変更欄」**:J版新色  *:J版より採用する変更色
  • 「推奨配色セット」の内容は、一部変更する可能性があります。
  • 一般色名は案内図の凡例などに表記するための一般名称で、正式な色名ではありません。
CUD監修: 東京大学 分子細胞生物学研究所 准教授 伊藤 啓
CUD協力: NPO法人 カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)
DICグラフィックス株式会社
DICカラーデザイン株式会社
監修: (一社)日本塗料工業会 色彩アドバイザー
 文化学園大学名誉教授 北畠 耀

関連資料

1) カラーユニバーサルデザインへの取り組み
irodori_28.pdf [986KB] (「彩(いろどり)」2010 No.28より抜粋)
1 カラーユニバーサルデザインへの取り組み
・カラーユニバーサルデザインの重要性
・カラーユニバーサルデザインへの対象者とは?
2 色覚の多様性を生む3つの要因
・錐体の感度特性を決める遺伝子の変異
・網膜の疾患(ロービジョン)
・レンズ(水晶体)の着色 3 カラーユニバーサルデザインの具体的処方箋
・従来の色の使い方の盲点
・色覚の疑似体験ツールとその限界
・推奨配色セットの作成
2) カラーユニバーサルデザイン[CUD]推奨配色セット
推奨配色セットの解説です。「彩(いろどり)」2011 No.29より抜粋。
irodori_29.pdf [370KB]
Copyright Japan Paint Manufacturers Association お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて サイトご利用上の注意