一般社団法人 日本塗料工業会 Japan Paint Manufacturers Association
■建築基準法改正とホルムアルデヒド自主管理について

更新手続き一部変更について

平成20年12月18日

ホルムアルデヒド自主管理における更新手続き一部変更について

社団法人日本塗料工業会
ホルムアルデヒド自主管理審査委員会

日ごろより、当工業会のホルムアルデヒド自主管理活動にご理解とご協力を頂き、誠にありがとうございます。

さて、当工業会ホルムアルデヒド自主管理審査委員会では、登録商品の更新審査において各登録塗料分類の代表商品により確認を行っております。

これまで代表商品の選定は、登録申請者により同一塗料分類におけるホルムアルデヒドの放散等級F☆☆☆☆(複数の放散等級がある場合は、F☆☆☆☆を優先する)の基準値により近く基準値超過の可能性が一番高いものを選定いただいておりましたが、選定過程については審査委員会では確認できておりませんでした。

これを受け、審査委員会では代表商品選定根拠を確認することを目的として更新審査の提出書類に「ホルムアルデヒド自主管理分類別代表商品決定報告書(様式08)」を新たに設けることといたしました。既に平成20年10月1日付けにて自主管理要領を改定しております。

つきましては平成21年1月1日以降に更新手続きのご連絡を頂いた際に、更新申請書(様式07)とともにE-mailにて送らせて頂きます。

よって以後の審査会では、改定された自主管理要領も基づき上記資料の提出が必要となります。特に現在、更新手続き中の登録会社のご担当者さまはご注意下さい。

お手数をおかけしますが、ご理解頂き、今後とも登録商品の品質管理等を含めご協力を頂きますようお願い致します。                        

以上

Copyright Japan Paint Manufacturers Association お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて サイトご利用上の注意