一般社団法人 日本塗料工業会 Japan Paint Manufacturers Association

  1. 現在、各企業は環境の保護、安全の確保、健康の維持を法規制のみならず、自主管理を事業活動の中に取り組み、推進することを要請されています。

  2. 化学物質を扱う企業の環境管理の自主管理活動に(社)日本化学工業協会の推進する"レスポンシブル・ケア"があります。
     (社)日本塗料工業会は塗料業界に適した環境・安全・健康の自主管理活動である"コーティング・ケア"を推進することにしています。

  3. 環境マネジメントシステムの国際規格にISO14001があります。 
    また、企業の環境保護の株主、地域住民へのメッセージとして環境報告書があります。 
    コーティング・ケア活動により会員各社のISO14001の認定取得と環境報告書の作成を支援します。

  4. "コーティング・ケア"は塗料の製品の開発から製造、物流、使用、廃棄に至る、塗料業界の全ての過程における環境・安全・健康の保全の自主管理活動です。 

  5. "コーティング・ケア"は国際塗料印刷インキ協会(IPPIC)で合意された4つの柱、
      @製造、
      A輸送・配送、
      B製品生涯管理、
      C地域社会責任の指針で国際的に推進して行きます。

  

  1. 環境・安全・健康に関して定められた法律・政令・規則などを遵守します。

  2. 製品の開発から廃棄に至るすべての段階で環境・安全・健康に配慮し、その目標と施策を明確にし従業員に周知・徹底を図ります。

  3. 新製品・新技術の開発の計画において、環境・安全・健康に配慮し、地球環境への負荷の少ない、また、より安全な製品と技術の開発につとめます。

  4. 製造工程・操業に関し従業員と地域住民の環境・安全・健康に配慮し、操業を推進します。製品の輸送・貯蔵・使用・廃棄における環境・安全・健康に配慮し、地球環境への負荷の低減、廃棄物の減少、省資源化、リサイクル化を推進します。

  5. 製品の市場での環境・安全・健康への影響を配慮し、製品の安全な使用と取り扱いに関して顧客に助言、情報の提供を行ないます。 

  6. 製品や操業に関し行政や地域社会の関心に注意をはらい、正しく理解されるようにコミュニケーションにつとめます。

コーティング・ケアの実施にご賛同頂いた会員各社には社内、地域社会、株主に環境・安全・健康の實管理活動をアピールしていただくために宣誓書をお届けしています。(実際の宣誓書はA4大)



なぜ、今 コーティング・ケアなのか?

Copyright Japan Paint Manufacturers Association お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて サイトご利用上の注意